住民票から離婚歴を消す方法

婚姻届を出して夫婦の戸籍が作成されますが、もし離婚をしてしまった場合には名前の上に×印がつけられます。男性側も女性側も離婚したことがすぐにわかるようになっています。女性の場合、離婚して除籍されると両親の戸籍に名前が戻りますが、×印は消せません。ですが、転籍や分籍をすると住民票から離婚歴を消すことが出来ます。転籍の方法は、両親の戸籍に戻って住所変更をする際に本籍地も他の市町村の適当なところに移すだけです。移動させた新しい本籍地の戸籍簿には離婚歴は引き継がれないようになっています。なので、自分の戸籍内には離婚した相手のことや親の戸籍内にある結婚前の自分の情報がまるごと消えてしまうことになります。他には、分籍という方法があります。これは両親の戸籍に戻った後に分籍の申請をするだけです。それには、元の戸籍と違う本籍地で旧姓で申請をすることが必要に、やります。そこで注意したいのが、転籍や分籍をした戸籍を証拠にした主張をすると詐欺罪や虚偽記載とことです。これで過去の婚姻記録が消えてしまいますが、事実は変わりません。ですが、書類上だけでも新しい気持ちで再スタートすることが出来るかと思います。気になる方は是非試してみてください。

Comments are closed.