転籍の方法

引っ越して住む市町村が変わった場合は、転出届や転入届を役所に提出しているでしょう。しかし、本籍地は変更したことがある人は少ないのではないでしょうか。住民登録とは事なり、本籍地は日本のどこでもよいので、住んでいる土地でなくても、関係があった地域でなくても良いのです。車の免許証や婚姻の時などに本籍地と出てきているのは、見たことがある人もいることでしょう。
本籍地を別の場所に移す事は転籍と言い、いつでも手続きをすることが可能なのです。元々の本籍地、新しい本籍地、または住民登録している地域の役所で転籍届を出すことが可能です。
どこか、一ヶ所でも手続きをすれば良いので、住民登録のように転出届、転入届と出す必要はありません。
また、用紙は筆頭者と配偶者など自筆で書かなければいけない欄以外は誰が書いてもかまいません。
ひとつ注意する点があるとすれば、筆頭者と配偶者の欄を書く場合は同じ印鑑では受理してもらえません。別々の印鑑の用意が必要となるのです。
転籍届はすぐに有効になることはありません。旧本籍地での処理があり、新本籍地で戸籍ができるのです。地域や連休明けなどによっても異なるでしょうが、数日は掛かります。本籍地の記載のある書類が必要な場合は、届け出るときにいつくらいに手続きが完了しそうか目安を聞いておいた方が安心でしょう。

Comments are closed.