離婚届受理証明書とは

離婚届受理証明書とは、離婚届を提出し役所が正式に受理したことを示す証明書です。離婚に当たっては財産の分与、慰謝料の請求など様々な権利や問題が生じるものです。また、子供がいる場合などは母子家庭または父子家庭となるため、役所への申請により様々な支援が受けられるようになります。しかし、この申請手続きを行うためには離婚したことが正式に証明されなければなりません。一般的には離婚の証明は戸籍全部事項証明書もしくは個人事項証明書で確認されるものですが、一般的に戸籍などは書類が提出されてから1週間程度の時間がかかるため、これらの手続きをする際に当事者に不利益が無いように、必要に応じ証明書を交付することが出来るようになっています。
特に種々の手当の申請の期日が差し迫っている場合などは、その期日を逃してしまうと当座の生活に困窮することも考えられます。そのためどうしても数日中に離婚の証明が必要な場合などにはこの証明書を利用することで確かに離婚したことが証明されるので、申請が滞りなく行えるというメリットがあります。
但し、申請先によってはこの受理証明書だけでは証明書類として認めていない場合もあります。申請先の必要書類を十分確認した上で利用することが大切です。

Comments are closed.