元の名字に戻れる時期

離婚をすると、結婚するときに名字を変えた方は、原則として旧姓に戻ります。元の名字(結婚時の名字)をそのまま名乗りたい場合には、離婚後3ヶ月以内に「離婚のときに称していた氏を称する旨の届」を出せば名乗ることができます。この届は、離婚届と同時にすることができるので、離婚を決めた際に名字をどうするかも決めておくとよいでしょう。
3ヶ月を過ぎて変更を希望する場合には、「氏の変更許可の申立て」を家庭裁判所に対して行います。「氏の変更」は、やむを得ない事由がある場合にしか認められないため、変更できない可能性もあります。
子どもがいる場合、子どもの名字は変更されません。旧姓に戻った親が親権者になる場合には、子どもの「氏の変更許可の申立て」を行い、さらに子どもを入籍する手続きも行います。結婚時の名字を名乗る場合でも、子どもとは別の戸籍になりますので、入籍手続きが必要です。
2度結婚して2度とも離婚した場合、1度目の離婚後に結婚時の名字を名乗っていたとすると、2度目の離婚後は1つ前の名字に戻るか、2度目の結婚時の名字をそのまま名乗るかのどちらかになります。実家の名字を名乗ることは出来ません。名乗りたい場合には、やはり「氏の変更許可の申立て」をすることになります。

Comments are closed.