公的書類から離婚歴を消すことはできるのか

離婚をしたことを出来れば知られたくない、と考える方は多いでしょう。公的な書類などを見て、一目で離婚をした、と誰からも分かる、といったことは、できれば避けたいと考えている場合、書類から離婚歴を消す方法があります。はっきり「離婚」という文字が記載されている公的な書類は、戸籍です。離婚をした際、結婚前の戸籍に戻る場合は復籍と呼ばれます。復籍をした場合、離婚と書かれます。そして、お子さんがいらっしゃる場合、子どもの名前に離婚をしたという意味合いで、バツ印が付けられることになります。これを消すには、転籍という方法があります。転籍とは、「本籍地」を変えることです。日本では住所のほかに、本籍地が必要となっていますが、本籍地はどこの住所に定めても、何回変えても構わないのです。住んでことがない場所でもまったく問題がありません。転籍を行うことで、独立した新しい戸籍が作成され、その際、離婚という記載は消えます。ただ、履歴そのものが消えるわけではありませんが、一見して分かってしまう、という事態は避けられます。諸手続きなどでよく利用する住民票は、以前の名字は見えるように記載されていますが、名字が変わった理由は書かれません。

Comments are closed.