子供の名字について

離婚をした場合に問題となるのが、子供の名字をどうするかという事です。特に現在では母親と子がともに暮らすことになった場合に問題となります。母親が離婚によって元の姓に戻ることが多いためです。一緒に住んでいる親と同じ方が利便性は高いものの、子供の年齢などによっては名前が変わることで人間関係などに問題を抱えてしまうことも多いからです。
基本的に子の姓を変えるときには裁判所の許可が必要です。姓を変えた母親と暮らすためであっても、許可を求める手続きは必要となります。裁判所で許可が出たら、その謄本を添えて市区町村の窓口に届けを出すことになります。同居する親と姓が違うという理由でなら比較的認められやすいようです。
できるだけ変化を少なくしたい場合には、母親が結婚していた時の姓を名乗るという方法もあります。基本的には婚姻で姓を変えた人が離婚した場合、自動的に元の姓に戻ることになります。しかし、離婚の日から三か月以内に届け出をすることによってこれまで名乗っていた結婚していた時の姓に戻ることが可能になるのです。子どもの姓、母親の姓をどうするのかという事についても、離婚の際には決めておきたい事項の一つといえます。

Comments are closed.